二重の申し込みが楽【医師によく相談しておくことも重要】

整形で目元を変える

医者

やり直しがきく埋没法

きれいな二重まぶたを作るために毎朝アイテープやアイプチを使ってメイクをしている人もいます。それでなくても忙しい毎朝の支度にこれらのメイク時間を取られるのは大変です。うっかり寝過ごしてメイク時間が足りず、そのまま会社や学校へ行かなければならなかったというような経験をした人も多いはずです。二重の整形をしたいけれど、費用の問題や手術自体が怖いと考えている人も意外と多いのです。そんな人に人気となっているのが埋没法という二重まぶたの美容整形です。これは皮膚を切開する必要もないので術後の傷の心配もありません。医療用の糸でまぶたを留めることできれいな二重をつくることができます。施術時間は30分前後と短く、腫れや内出血なども少ないのが特徴です。それに何といっても二重のラインが気に入らなければ何度でもやり直しがききます。もちろん留めた糸は外からは見えないので心配する必要はありません。埋没法は今人気のプチ整形の一つで、学生でもお小遣い程度で費用がまかなえるので人気です。埋没法の整形は美容外科で行っており、予約をすれば当日の施術も可能です。これは施術時間が短いのですが、きちんとしたクリニックなら事前のカウンセリングに時間をかけます。カウンセリングでは希望の二重の幅を聞いてその人に合うラインをシミュレーションして見つけていきます。その形に納得したら施術が行われます。またカウンセリングでは体調やアレルギーの有無を調べたり普段使用したりしている薬なども聞かれます。施術は、まず麻酔クリームを塗ってから少し時間を置き、それが効き始めてから行われます。まぶたを糸で固定するのは早ければ20分程度で終わります。術後は腫れや内出血などが出る場合もありますが、メイクで隠すことができるのでそれほど心配することはありません。またクリニックでは腫れを抑えるために氷などで冷やすアイシングも行います。埋没法は抜糸の必要もないので経過が良ければその後クリニックに行く必要はありません。二重の形を変えたくなったら糸を抜いて新しく整形することができます。