二重の申し込みが楽【医師によく相談しておくことも重要】

施術スタイルが豊富

カウンセリング

施術内容を確認

埋没法はメスを使わない二重を作る美容整形として有名ですが、クリニックによって施術法にバリエーションがあるということをご存じでしょうか。この美容整形はメスを使わないプチ整形でもあり、まぶたに針穴を作ってそこに糸を通すことによって二重のラインを作ります。クリニックによって独自の施術を行っていることも多く、糸の掛け方も一筆書きのように繋げて止める方法や、糸を絡ませる通し方などの違いがあるのです。糸のかけ方・留め方によって二重のラインをキープする力なども変わってくるので、埋没法を受ける場合は各クリニックの施術方法を確認すると良いでしょう。さらに、糸をかける数にも違いがあり1点留めの施術だった場合、まぶたを1点だけ固定して二重のラインを形成することになります。クリニックによっては2点留め・3点留め、場合によっては多くて6点留めの施術を行っている所もあるようです。固定する数が多くなると目頭から目尻までラインの幅を微妙に調整できるので、より希望の二重のラインに仕上がるというメリットがあります。人の顔は左右対称ではなく少しずつ違いがあるケースもありますが、特に左右差の違いが顕著に現れるのが目元です。右の目は二重だけど左目は一重などの違いがあるといった場合、毎日メイクで左右一緒になるよう整えているという人も多いのではないでしょうか。左右で目元に違いがあると目の大きさが変わってしまうので、不自然な印象になってしまうことも多く、女性であればメイクでカバーするケースが大半です。ただ、朝の忙しい時間単にアイプチやアイテープで、左右同じようなラインを作るというのは大変手間暇がかかります。少しでもメイクにかける時間を短くしたい、左右目元の印象を整えたいという場合は二重のラインを形成する美容整形を受けてみてはいかがでしょう。美容整形であれば右のラインに合わせて、左も二重のラインを作るといった対応をしてもらえるので、メイクで左右差を整える必要も無くなります。二重を作る美容整形といえば目を大きくしたいと考えている人が受けるものというイメージがありますが、左右差を無くしたいという人にもおすすめです。