二重の申し込みが楽【医師によく相談しておくことも重要】

基礎知識や申し込み方法

目元を触る人

2つの方法がある

二重にしたい場合はクリニックなどの整形手術によって可能ですが、手術を受ける際に基本的なこととして知っておきたいのは、その方法には2つの種類があるということです。まず挙げられるのは「埋没法」と呼ばれるものであり、針と糸を使って二重を作る方法となるため、メスで切る必要がないという特徴があります。そのため施術時間は10分程度とかなり短時間で済みますし、腫れなどのダウンタイムも少なくて済みます。そして費用に関しても比較的安く抑えることができるため、身体的な負担が少ないことと合わせて気軽に行える整形手術だと言えるでしょう。次に挙げられるのは「切開法」と呼ばれるものであり、文字通りメスでまぶたを切開することにより二重を作るという方法になります。切開法は、しっかりとした二重にすることが出来ますし、半永久的に効果が持続するというメリットがあると言えるでしょう。また切開法は、一重の人が行うのはもちろんですが、元々二重の人がより深くしたい場合にも効果的だと言えます。二重の整形手術をクリニックなどへ申し込む際は、電話やメールでの申し込みが可能であり、まずはカウンセリングの予約を取ることになるでしょう。そしてカウンセリングでは、どんな二重にしたいのかという希望を伝える必要がありますが、その際はできるだけ具体的なイメージを伝えるようにしましょう。またカウンセリングでは、手術内容などの説明が行われるため、疑問や不明な点があれば質問をしてちゃんと納得した上で最終的な決定を行うようにしましょう。そして二重の整形手術を実際に受ける際は、手術前に準備しておきたいことがいくつかあるため、そのことをあらかじめ知っておく必要があります。まず、まぶたがむくんだ状態で手術を受けると術後に腫れがひどくなってしまう場合があるため、むくまないように注意するということが必要です。そして手術の当日でもシャワーを浴びることは許可されますが、麻酔の影響で気分が悪くなる場合もあるため、事前にシャワーを済ませておくほうが無難でしょう。さらに術後は患部を冷やすことで腫れが収まりやすくなるため、帰宅するときに冷やせるものを用意しておくとよいと言えます。