二重の申し込みが楽【医師によく相談しておくことも重要】

気になる目元の悩みを解消

二重になりたいのであれば、美容整形外科に相談をしてみるとよいでしょう。最近では簡単に施術を受けることができますし、コストもかなりリーズナブルなのでコンプレックスも解消しやすくなっています。

カウンセリング

施術スタイルが豊富

埋没法はクリニックによって施術方法が変わり、バリエーションが豊富です。まぶたを糸で固定する数が増えると、より希望するデザインに仕上がりやすいと言われています。右は二重だけれど左は一重など、見た目が違う場合に施術を受ける人も多いようです。

医者

整形で目元を変える

二重整形の埋没法は、施術時間も短く費用も比較的安いので人気です。これは糸で留めるだけできれいな二重のラインをつくることができます。術後は腫れや内出血も少ないので心配いりません。抜糸の必要もないので術後はクリニックに行く必要はありません。

看護師

成功させるためのコツ

無事に二重に整形することが出来れば、もう朝から頑張って早起きをし、化粧に力を入れる必要がなくなります。施術を受けた後にはダウンタイムがありますので、出来るだけ腫れないようにする為にも、激しい運動は避けましょう。

注意点とメリット

医者

手術後のことにも注意

目は顔の中で一番目立つ部分なので、一重の場合は、二重にしたいという希望を持っている人も多いでしょう。そこで便利なのが、美容クリニックなどで行う整形手術ですが、実際に手術を行う前に注意しておきたい点もいくつかあります。まず挙げられる注意点は、症状が落ち着くまでのダウンタイムがあることを知っておかなければならないということです。とは言っても、二重の整形手術は短時間の手術で済み、入院する必要はないためその点は安心してよいでしょう。しかし、手術後に腫れや内出血が起こることがあり、埋没法では3日〜1週間程度、そして切開法では1週間〜2週間程度はその症状が続く場合があるため注意しておく必要があります。そして埋没法に関しては、埋め込まれた糸が見えてしまうケースがあり、やり直しても見えてしまうという場合があると言われています。さらに切開法では、左右の目の形がもともと違うことから、左右で違いが出てしまうという場合もあるため、事前に医師によく相談しておくことも重要でしょう。二重の整形手術には埋没法と切開法の主に2種類がありますが、選ぶ際はそれぞれのメリットを知っておくとよいでしょう。まず埋没法は、メスで切ることなく糸で二重を作るという方法であり、切開法より手術時間が短く、費用も比較的安く済むというメリットがまずあります。そのためメスを使って切ることに不安がある人や、リーズナブルに済ませたい人、そして比較的手軽に行えるためお試しでやってみたい人などに向いていると言えるでしょう。さらに、埋没法は元に戻すことも可能なため、万が一出来上がりに満足できなかったという場合でも、安心だと言えます。また、埋没法の場合は保証期間が設けられている場合があり、期間内に不具合が起こった場合は再手術をすることも可能なため、保証に関してもチェックしておくとよいでしょう。次に切開法は、二重にしたいラインになる部分を切開するという方法であり、埋没法のようにしばらくして糸がゆるむなどして二重が取れてしまうことがないというメリットがあります。切開法は費用が高くダウンタイムも長くなりますが、しっかりとした二重にしたいという場合に向いていると言えるでしょう。

目元を触る人

基礎知識や申し込み方法

二重の整形手術には、埋没法と切開法の2つがあるため、その違いを基礎知識として知っておく必要があります。そしてクリニックで事前のカウンセリングを受ける際は、具体的なイメージを伝えることが重要になります。